福岡市議会議員(南区)

活動報告

 井尻地区まちづくりの促進に関するアンケート調査」を実施

 10月10日(火)午後6時半から、井尻地区まちづくり期成会(清田嘉治会長)が開かれました。「井尻地区まちづくりの促進に関するアンケート調査」の内容を確認、11月25日から12月25日までの期間で調査を実施しました。

 

 同期成会は、鉄道高架事業の早期実現と鉄道高架化に伴うまちづくりの推進を目的に、平成23年8月に発足しました。@井尻地区の鉄道高架事業の事業化に向けた活動、A井尻駅および、その周辺地区における交通結節点の強化や豊かな住環境の創出等に関するまちづくりの計画および、その実現に関する活動――などに取り組んでいます。

 

 アンケート調査は、平成27年3月に策定した「井尻地区まちづくり計画書」に基づく今後の活動について皆様のご意見を伺いたく、実施されたものです。調査にあたっては、井尻地区にお住いの方や駅利用者、来街者などを対象に、無記名回答方式で行いました。集計結果は公表予定です。

 

 アンケートの内容は、まちづくり計画書に基づき、@高架下空間の利用法A駅周辺整備で優先すべきことB「井尻駅〜笹原駅間は賑わい空間づくり」について優先すべきことC「井尻商店街の活性化」で優先すべきことD「生活道路の改善や安全・安心のまちづくり」で優先すべきこと――などについて尋ねています。

 鬼木議員が無事3選

 10月の総選挙では、福岡2区の鬼木誠議員(自民)が接戦を制し、無事3選を果たすことができました。これもひとえに皆様方のお力添えのおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

 「民泊の危険性」〜八天会勉強会

 9月5日(火)、第15回八天会勉強会をANAクラウンプラザホテル福岡で開催しました。

 

 テーマは、「ホテル業界から見た民泊の危険性」。ホテル・旅館業の経営者の方から、いろんな課題・問題点について、ご指摘を頂きました。54名の方のご出席を賜りました。有難うございました。

 「朋友もとやす会」定時総会

 10月5日(木)午後7時から、うちこし議員と同世代の仲間たちが結成した「朋友もとやす会」の定時総会が開催されました。おかげさまで、会の立ち上げから1年を迎えることができました。

 

 徳永尚登会長を中心に、少しずつではありますが、仲間の輪が広がっています。本音で語り合える会で、熱き心を持った同志たちの集まりです。

 第15回八天会ゴルフ大会と市政報告会

 「八天会」(うちこし基安企業団後援会)のゴルフ大会が11月9日(木)筑紫ヶ丘ゴルフクラブで開催されました。うちこしは公務のため、残念ながら皆様とご一緒にプレーができず大変失礼致しました。

 

 夕方の表彰式は市政報告会も兼ねホテルセントラーザ博多で110名様にご出席を賜り執り行いました。うちこし基安より御礼に続き、拝命しております議会改革調査特別委員会委員長ならびに福岡市監査委員の職務についてお話しするとともに、「天神ビックバン」に伴う街づくりについて報告をさせていただきました。賞品にはバス旅行で訪れた、被災地の米や果物なども提供しました。

 うちこし会 被災地へお買物支援のバス旅行

 今年のうちこし会バス旅行は11月6日(月)、昨年地震で大きな被害を受けた南阿蘇と今年の九州北部豪雨の被災地・朝倉へとお買物支援に大型バス2台で出かけました。

 

 南阿蘇にある風の丘美術館がこの春リニューアルオープンしましたので、大野勝彦先生に直接講和をしていただきました。両手を失ったことですべてに感謝する心をもらい、自分の姿に泣き暮れる母が笑ってくれるようにと、この美術館を建てたお話に思わず涙が流れました。自由自在に操る義手は先生の身体の一部でした。美術館のデッキから眺める景色はまだ地震の爪跡がいたる所にあり、やっと完成した阿蘇大橋はテレビ放映を思い出しながら息を呑んで渡りました。

 

 車窓越しに一面に咲いたすすきの綿毛を眺めながら、朝倉へとバスは走りました。道の駅「あさくら」の三連水車は見る影もなく、公園には流れ込んだ土砂や大木の根が動かしようもなく手つかずのまま・・・。閉店間際の短い時間に、皆さん手順良く買い物をされていました。ちょっと慌ただしい買い物ツアーでしたが、心ほっこりとした一日でした。

 恒例の餅つき大会開催

 12月9日(土)、うちこし事務所横の駐車場で、今年も餅つき大会を開催しました。後援会の皆様には、朝早くからご準備して頂き、有難うございました。

 

 つきたてのお餅をおろし大根、きな粉、ぜんざいなどにして、皆さんと一緒に美味しく頂くことができました。

 ことしも南区市民の祭り「民舞のつどい」に出演

 11月23日(木)、第39回南区市民の祭り「民舞のつどい」が開催され、私うちこしも出演しました。今年の演舞は、「流れて津軽」でした。

 

 短期間に集中して練習しますので、吾妻流瑠朋先生には、いつもご心配やご苦労をかけております。

 

 

 

 

   


トップページ プロフィール もとやすご挨拶 もとやす公約 福岡市議会報告 活動報告 うちこしリポート スケジュール お問い合わせ